リフォーム・リノベーション ・ 増改築、 マンション ・ 戸建て設計施工デザイン 【大阪、茨木、京都】  

グッドリビング 吉岡建設株式会社

資料請求・お問い合わせ
中古マンションリフォーム・リノベーション
ご一緒に物件探しを致します

中古物件のメリット

◆新築マンション or 中古マンション(中古がお得)

新築マンションのモデルルーム見学へ行くと最新のシステムや
設備・お洒落な外観やインテリアはとても素敵ですよね。
新築は新築という価値が付加されたものですから割高で
当然なのです。モデルルームのプレハブコストや華やかな
広告費や現地で案内してくれるスタッフの人件費など
販売に必要な諸経費が販売価格に加算されています。
しかし、住んでしまえば価値は一気に下がります。(通常、入居後1年で2割落ちると言われています。)中古マンションの場合はこれらの負担が消え、シンプルに「土地と建物の価格のみ」が販売価格となります。
中古マンションの場合は価格が緩やかに下降することはあっても突然暴落はしませんから、買ってすぐに手放すという現実に直面した場合でも自身が背負うリスクは諸経費程度です。
転勤や相続など近い将来住み替えるかも知れない可能性を持っている方は中古マンションがおすすめなのです。

【新築マンションと中古マンションの価格内訳の比較図】
新築マンション 中古マンション
販売に必要な諸経費
+
土地代
+
建物代
土地代
+
建物代

新築マンションで4000万円をだすのであれば、築10年前後の2000万円の中古マンションを300万円位かけてリフォームして「自分達スタイルの空間」にするといった感じではどうでしょうか。

【新築と中古のローン比較図】
  4000万円の新築マンション 2300万円の中古マンション
住宅ローン
金額
4000万円 2300万円
月々の返済
金額
132,506円 76,191円
35年後の返済
金額
55,652,520円 32,000,220円

総返済額は約2365万円、月々返済も約56,315円の違いがでてきます。

(参考金利は2% 35年固定で算出、これ以外にマンションは管理費、修繕積立金、駐車場費有り)

*新築マンションの場合は入居時に一時金として30万円、50万円といった修繕積立金充当金が徴収されますが、中古マンションの場合はその部屋の所有者から修繕積立金は引き継がれるので次の所有者の権利になります。

◆環境や管理状況が把握できる

新築の場合、一斉入居後に管理組合が運営されるので管理が上手くいくかどうかは住んでからでないとわかりませんが、中古マンションの場合は既に運営されているので、しっかりした管理かどうか、住人の方の雰囲気などを実際に見ることができます。

◆さまざまな立地条件から選べる

新築マンションは同じ場所に一度に大量の物件が完成しますが、中古マンションはあちこちに存在しています。
就学中のお子さんがいる場合は校区を変えずに住み替えたい…、駅から徒歩10分以内がいいなどエリアや条件を狭めても検討しやすいところが中古マンションのよいところです。

中古マンションのチェックポイント




プライバシーポリシー

Copyright © YOSHIOKA-KENSETSU CO.,LTD. All Rights Reserved.